エゾイワハタザオ

アブラナ科 Cruciferae
アブラナ科 Brassicaceae
フジハタザオの変種。
根生葉の表面に二股毛と星状毛が見られるのが特徴。花枝が長く、長角果も長くて茎から離れて付き、くびれがありくねくねしている傾向があります。
その他、根生葉はヘラ型で長柄がある、茎葉は茎を抱く等はフジハタザオと同じ。

 

2016.5.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 葉2
  • 葉3
  • 実2
  • 参考
  • 参考2

エゾイワハタザオ-全体

沢沿いの道ばたに散生していました。周囲の植物は、
フキの花が終わったくらいのレベル。(2013.5 岩手県早池峰山)

エゾイワハタザオ-全体2

白神山地の岩場にはこの花が点在していました。ここのものにはイワハタザオのように
根生葉に柄が見られましたが、果実は本種そのものでした。(2014.5 青森県鰺ヶ沢町)

エゾイワハタザオ-全体3

咲き進むと、だいぶだらしない姿になります。
(2013.5 岩手県久慈市)

エゾイワハタザオ-花

花は大きく、柄もやや長め。
(2013.5 岩手県早池峰山)

エゾイワハタザオ-葉

茎葉は卵形でしっかりと茎を抱きます。
写真よりもう少し鋸歯があるのが普通のようです。(2010.6 岩手県早池峰山)

エゾイワハタザオ-葉2

根生葉は先が丸くヘラ状。
(2012.6 岩手県早池峰山)

エゾイワハタザオ-葉3

二股毛と星状毛は非常に微細で、肉眼では確認できないレベルでした。
(2013.5 岩手県早池峰山)

エゾイワハタザオ-実

果実はとても長く、茎から離れてクネクネして絡まっているよう。くびれがあり、
ややよれたような感じにも見えます。(2013.5 岩手県久慈市)

エゾイワハタザオ-実2

(2014.6 白神山地)


エゾイワハタザオ-参考
石灰岩変異と思われる型。茎葉が長く伸び、極端なものは幅の狭い三角状で
先がやや尖り、基部は茎を抱いていました。前年の残骸などから、
果実は長いと容易に想像できました。(2016.4 岩手県岩泉町)

エゾイワハタザオ-参考2

その根生葉。根生葉はへら形・柄があり、本種とさほどの差はない。
(2016.4 岩手県岩泉町)