コタネツケバナ

アブラナ科 Cruciferae
アブラナ科 Brassicaceae
丈は10-20cm程度の小さなタネツケバナ。
茎が基部で分枝して四方に伸び、斜上します。根生葉はロゼット状になりません。葉は羽状複葉、小葉は鋸歯が見られ、頂小葉がやや大きい。茎葉の小葉は3-9個。茎や葉はふつう無毛。
花は小さく、花弁は2mm、雄しべは6、果実は長角果で15mmほどで、茎から離れて付きます。
良く似たタネツケバナはロゼット状の根生葉があり、茎は真っ直ぐ立ちあがり茎や葉に毛が見られます。ミチタネツケバナはロセット状の根生葉が多く、茎葉はまばらで小さい。

 

2016.3.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 早春

コタネツケバナ-全体

探していたこの花は自宅の庭に沢山ありました。草取りの最中に気づきましたが、
思い返せば、随分と前からありました。(2015.3 千葉市)

コタネツケバナ-全体2

ロゼットは見られず、茎が基部から分枝して四方に伸ばしています。
この後、上に向かって伸びる。いきなり真っ直ぐ上に出る茎はない。(2015.3 千葉市)

コタネツケバナ-花

花はミチタネツケバナと同じくらいのサイズ。
(2015.3 千葉市)

コタネツケバナ-花2

雄しべは6。
(2015.3 千葉市)

コタネツケバナ-花3

(2016.3 千葉市)


コタネツケバナ-実

果実はタネツケバナと同じように茎からやや離れて付く。
(2016.3 千葉市)

コタネツケバナ-葉

下部の茎葉。
(2015.3 千葉市)

コタネツケバナ-葉2

上部の茎葉。
(2016.3 千葉市)

コタネツケバナ-葉3

茎や葉はふつう無毛。
(2016.3 千葉市)

コタネツケバナ-葉2

所々に散発的に毛が見られたもの。
(2015.3 千葉市)

コタネツケバナ-早春

もう茎が伸び始めています(矢印)。根生する葉は数個で側小葉がないことも多いようでした。下部の茎には毛が見られることが多いようです。(2016.3 千葉市)