ミズタガラシ

アブラナ科 Cruciferae
アブラナ科 Brassicaceae
全草無毛。
丈は30-60cm、茎は花期は直立し、後に倒れて地を匍います。葉は1-7cmの頭大羽状複葉で頂小葉は広卵形、側小葉は2-7対で柄はごく短く、基部付近の側小葉が茎を抱くように見えます。茎の基部から匍匐枝を出し、卵円形の単葉が付きます。
花は総状に付き、花弁は5-8mmとやや大きい。萼は卵形。長角果は2-3cm。

 

2016.5.7 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3

ミズタガラシ-全体

花は意外と大きくて、それなりに見栄えがしました。
(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-全体2

葉は中部以下はほとんど大きさが同じような感じでした。
(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-全体3

東日本の自生地は少ないですが、環境省絶滅危惧種には指定されていません。
(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-花

花柄はやや長く、広い角度に開出します。
(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-花2

花弁は5-8mmで、写真のものは花径約1cmとやや大きい。雄しべは6でした。
(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-花3

萼片は卵形・・・長楕円形のようにも見えましたが、縁が白く、はっきりしなかった。
(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-葉

茎葉は多数付きます。
(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-葉2

茎葉は頭大羽状複葉で、小葉は2-7対。柄が短く、一番下の小葉が
基部付近に付くため、茎を抱くような感じになります。(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-葉3

根生葉(左上)と匍匐枝。匍匐枝の付く葉は大きく、卵円形の単葉で短柄があります。
写真では小さな側小葉が付くものも見られます。(2016.5 東京都朝霞市)

ミズタガラシ-葉3

茎には稜が見られました。
(2016.5 東京都朝霞市)