ナンブイヌナズナ

アブラナ科 Cruciferae
アブラナ科 Brassicaceae
アブラナ科のエリートとでも言える傑出した美しい花。ハヤチネウスユキソウと並び、早池峰山の象徴です。
丈は10cm程度まで。茎は基部から分かれてマット状に広がります。茎葉は4-15mmの被針形、無花茎の茎葉は線状倒被針形で鋸歯が見られ、全面に星状毛が密生します。
花は枝先に総状に付き、花弁は黄色で4.5-5mm、果実は扁平な楕円形~倒卵状楕円形で3.5-6mm。

 

2016.2.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 果実

ナンブイヌナズナ-全体

見事に広がった株。高山植物でも10指に入る美しさで一見の価値あり。
(2008.7 岩手県早池峰山)

ナンブイヌナズナ-全体2

(2015.6 岩手県早池峰山)


ナンブイヌナズナ-全体3

20-30cmにマット状に広がった株が蛇紋岩の間に点在しています。
(2010.6 岩手県早池峰山)

ナンブイヌナズナ-全体4

(2012.6 岩手県早池峰山)


ナンブイヌナズナ-花

雄しべ6が確認できます。うち2本は少し短い?
(2012.6 岩手県早池峰山)

ナンブイヌナズナ-花2

萼まで黄色味を帯びたもの。茎にも柄にも微細な毛が見られました。
(2015.6 岩手県早池峰山)

ナンブイヌナズナ-葉2

(2012.6 岩手県早池峰山)


ナンブイヌナズナ-葉

大きめの星状毛が密生していました。
(2008.7 岩手県早池峰山)

ナンブイヌナズナ-葉2

無花茎の茎葉。最初、星状毛が密生していますが、後に脱落するようでした。
(2012.6 岩手県早池峰山)

ナンブイヌナズナ-葉3

茎葉。被針形というより、卵形で前半分に鋸歯が見られる。
(2015.6 岩手県早池峰山)

ナンブイヌナズナ-実

果実は扁平で楕円形~倒卵状楕円形。
(2008.7 岩手県早池峰山)