オクヤマガラシ

アブラナ科 Cruciferae
アブラナ科 Brassicaceae
頂小葉と側小葉の大きさが同じというのが特徴です。
丈は15-40cm。葉は奇数羽状複葉で小葉は1.5-4cmの円形~広卵形~楕円形で縁に歯牙が見られます。側小葉は2-4対。茎葉は根生葉より細くて小さく、頂小葉がやや大きいものも見られます。
花は総状に5-10個付き、花弁は5-6mm、長角果は2.5-3.5cmの線形で茎から少し離れて付きます。

 

2016.3.12 更新
  • 全体
  • 葉2
  • 果実

オクヤマガラシ-全体

雪融け水の流れのそばに数株がかたまっていました。
(2008.7 白馬岳)

オクヤマガラシ-花

(2008.7 白馬岳)


オクヤマガラシ-葉

(2007.8 白馬岳)


オクヤマガラシ-葉2

根生する葉(手前)の小葉は丸く、茎葉の小葉は円形~広卵形~長楕円で
1対程度の鋸歯も見られます。(2007.9 上高地)

オクヤマガラシ-実

(2007.9 上高地)