ガクウツギ

top
ユキノシタ科 Saxfragaceae
アジサイ科 Hydrangeaceae
丈は1-1.5m、葉は4-7cmの狭長楕円形で先は長く尖り基部は細まって柄に続きます。葉裏脈上に白毛が密生します。
花は7-10cmの散房花序に付き、装飾花は2.5-3.5cmで萼片は3枚、1枚が大きい。

 

2019.5.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2

ガクウツギ-全体2

装飾花の数は多くなく、花弁の1つが大きい特徴で、区別できます。
(2019.5 埼玉県 旧・名栗村)

ガクウツギ-全体

沢沿いで見られました。丈は1-1.5m。
(2013.5 東京都八王子市)

ガクウツギ-全体3

(2012.5 静岡県愛鷹山)


ガクウツギ-花

装飾花は1枚だけ萼片が大きい独特の形。
(2013.5 東京都八王子市)

ガクウツギ-花2

両性花。花弁5枚があります。
(2013.5 東京都高尾山)

ガクウツギ-蕾

(2019.5 東京都奥多摩町)


ガクウツギ-葉

葉は狭長楕円形で先が尖り、光沢があり、葉の縁には浅い鋸歯が見られます。
(2019.5 静岡県富士市)

ガクウツギ-葉2

葉裏脈状に毛があるはずですが、うまく映らなかった。
(2019.5 静岡県富士市)