イワガラミ

top
ユキノシタ科 Saxfragaceae
アジサイ科 Hydrangeaceae
ツル性の木本。
ツルは7-10mにもなり、他の樹木などに這い上がって伸びます。葉は5-15cmの広卵形で先端は尖り、先の尖った鋸歯があります。
花は枝先に10-20cmの散房花序に付き、
装飾花の萼片は1枚で1.5-3.5cm。両性花は花弁の先端がくっついたままで開かない。
似たものにツルアジサイがありますが、こちらの装飾花は3-4枚です。

 

2019.6.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3

イワガラミ-全体

ツル性のアジサイ。木や岩場、擁壁などに這い上がります。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

イワガラミ-全体2

(2017.7 栃木県 旧・栗山村)


イワガラミ-全体3

スギの木で花盛り。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

イワガラミ-全体4

這い上がるツル。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

イワガラミ-花

(2018.7 山形県西川町)


イワガラミ-花

装飾花は1枚。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

イワガラミ-花3

両性花。
(2018.7 山形県西川町)

イワガラミ-葉

葉は広卵形で長い柄がある。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

イワガラミ-茎

(2017.7 栃木県 旧・栗山村)