ヤブサンザシ

top
ユキノシタ科 Saxfragaceae
スグリ科 Grossulariaceae
丈は1mほどの落葉低木で株立ちになります。樹皮は縦に裂けてはがれやすい。雌雄別株
葉は互生し、2-6cmで掌状i3-5裂、欠刻状の鈍い鋸歯が見られ、両面に短い軟毛があります。
花は前年枝の葉腋に1-複数付き、雄花、雌花ともに雄しべ5と2裂した雌しべはありますが、それぞれ片方は退化し、雌花の基部は膨らみます。

 

2019.5.14 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 樹皮

ヤブサンザシ-全体

最盛期を過ぎてしまいまったようでしたが、観察できました。
(2019.5 長野県)

ヤブサンザシ-全体2

数mの範囲でまとまって見られましたが、雄株、雌株の区別が肉眼ではわかりにくく、
片っ端から撮影しましたが、みんな雄株のようでした。(2019.5 長野県)

ヤブサンザシ-全体3

(2019.5 長野県)


ヤブサンザシ-花

雄花序。2裂した雌しべも一応あります。
(2019.5 長野県)

ヤブサンザシ-花2

雄花と思われます。
(2019.5 長野県)

ヤブサンザシ-花3

(2019.5 長野県)


ヤブサンザシ-葉

葉は掌状に3-5裂で欠刻状の鋸歯があります。
(2019.5 長野県)

ヤブサンザシ-葉2

葉裏。毛は脈上や縁などに見られましたが、面はほとんど気づけなかった。
(2019.5 長野県)

ヤブサンザシ-樹皮

(2019.5 長野県)