アカバナ科

特徴と用語
トップページ


アカバナ科は花弁などが付く場所よりも子房が下にある「子房下位」の代表的な植物で、萼より下に長い棒状になるものが多く見られます。

 

  • アカバナ
  • チョウジタデ
  • 萼筒(マツヨイグサ)
  • 腺体(ミズキンバイ)


花柄に見える大部分は子房で、本当の柄はそれほど長くはありません。



チョウジタデ属の実には先端に萼が残ります。他の種は枯れた花弁と一緒に脱落します。



マツヨイグサ属は、子房の上に長い花柄状の萼筒があり、その上に花弁が付きます。
花が終わると、萼筒以上が脱落します。


腺体とは、密などを出してアリなどの虫を誘引する器官です。
ミズキンバイは葉腋や子房など、数も多くて且つ大きく、とても目立ちます。