アカバナ

アカバナ科 Onagraceae
アカバナの名前は花色ではなく、秋の紅葉とのこと。
丈は15-90cm、葉は2-6cmの卵状被針形でしばしば茎を抱きます。茎には稜はなく、丸いか、丸みを帯びた四角形。
花径は1cm、柱頭は太い棍棒状、茎や葉に腺毛が多く見られます。果実は3-8cmで稜があり、腺毛が見られます。

 

2018.10.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

アカバナ-全体

秋の田んぼ脇や休耕田でよく見られます。
(2018.9 千葉市)

アカバナ-全体

自生範囲は広く、亜高山帯でも見かけます。全体に赤味を帯びるものもよく見ます。
(2008.9 谷川岳)

アカバナ-全体3

田んぼなどでは、稲刈りで一度刈られてしまい、側枝が伸びて丈が15cmくらいで
咲いているものがよく見られました。(2014.10 千葉市)

アカバナ-全体4

丈が1m近くまである大きなもの。
(2015.9 栃木県宇都宮市)

アカバナ-花

(2007.7 千葉市)


アカバナ-花2

花弁の先は凹みます。
(2014.9 千葉市)

アカバナ-花3

柱頭は棍棒状。
(2018.10 千葉市)

アカバナ-花4

萼と子房の外側に腺毛が多く見られます。
(2014.9 千葉市)

アカバナ-実

はっきりとした稜があり、腺毛が見られます。
(2014.9 千葉市)

アカバナ-葉

葉は卵状被針形で鋸歯があり、腺毛を含む毛が多く見られます。
(2018.10 千葉市)

アカバナ-葉2

葉裏。脈上だけでなく裏面全体に腺毛が見られます。
(2014.9 千葉市)

アカバナ-茎
腺毛と屈毛が見られ、稜はありません。よく似たムツアカバナには腺毛がない。
やや茎を抱くと言われますが、地域によっては抱かないことも多いようで、
このあたりのものはほとんど抱かない。(2014.9 千葉市)

アカバナ-春

4月上旬、気づいたらこんなに大きくなっていた。
(2016.4 千葉市)