ヒメアカバナ

アカバナ科 Onagraceae
丈はこの仲間では一番低く5-20cm、葉は1-3cmの線形~線状楕円形、またはヘラ形で先が丸く、鋸歯は数対あるもほとんど目立たず、遠目には全縁に見えます。
花色は淡ピンク、萼に伏毛があります。柱頭は棍棒状。果実は2-3.5cmで伏毛があるか無毛。

 

2019.1.6 更新
  • 全体
  • むかご
  • 経緯

ヒメアカバナ-全体

北岳の標高2800m付近にあったもの。株立ち状で葉の幅が細い。
(2013.9 南ア・北岳)
このページは、ヒメアカバナの誤りと判明しました
ヒメアカバナ-花

果実や花柄には伏毛が確認できました。
(2013.9 南ア・北岳)

ヒメアカバナ-葉

葉は幅1-4mmの線形~線状長楕円形で鈍頭。1-4対の鋸歯があるも目立たない。
(2013.9 南ア・北岳)

ヒメアカバナ-むかご

ボケた写真で恐縮ですが、葉腋にむかごが確認できました。
(2013.9 南ア・北岳)

掲載している写真は2018.7 までアシボソアカバナと誤認していたものです。
写真中からむかごとはっきり認識できるものが見つかりましたので、本種として再掲載します。