カラフトアカバナ <暫定>

アカバナ科 Onagraceae
丈は30-80cm、上部でよく分枝します。葉は4-12cmの長楕円状披針形~線状披針形で浅く小さな鋸歯が多数あります。若い葉以外、葉は無毛。主茎中間部より上の茎には明瞭な稜があり、稜に屈毛が見られます。
花は淡ピンクで1-1.5cmほど、柱頭は棍棒状。果実は2-7cmで腺毛が見られるか無毛。

以前本種のsynonymとされた ノダアカバナは、近年、北米原産の外来種とされ、再び分けられました。(日本の野生植物)

 

2019.1.10 更新
  • 全体

カラフトアカバナ-全体

上部でよく分枝しています。分枝した上部の葉は細い。
(2011.8 長野県白馬村)

カラフトアカバナ-花

花は1-1.5cmほど。花柱は棍棒状。よく似たイワアカバナは球形。
(2011.8 長野県白馬村)

カラフトアカバナ-葉

良く似たイワアカバナは葉に毛が多く見られますが、こちらは無毛。
鋸歯も細かく浅い。(2011.8 長野県白馬村)