フタバムグラ / (型) ナガエノフタバムグラ

アカネ科 Rubiaceae
丈は10-25cm、茎は斜上、又は横に拡がって立ち上がります。葉は1-3.5cmの線形~広線形で先が尖り、基部に小さな托葉が付きます。
花は葉腋に付き、柄が1-2mm、先端が4裂した2mmほどの小さな花を付けます。
柄が5-8mmのものをナガエノフタバムグラと呼ばれますが、分類上は同じもの。

 

2016.10.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花・実
  • 葉2
  • ナガエノフタバムグラ
  • 同2
  • 同3

フタバムグラ-全体

稲刈りの終わった田にありました。
(2016.9 千葉県四街道市)

フタバムグラ-全体

(2012.9 千葉市)


フタバムグラ-花

萼は4裂し裂片は三角状、花冠の先端も4裂。
(2012.9 千葉市)

フタバムグラ-花・実

花が終わると柄が少し伸びるようです。
(2012.9 千葉市)

フタバムグラ-葉

葉は線形~広線形。対生する2つの葉の間に先端がいくつかに裂けた托葉があります。
おそらく、小窓のものが托葉。(2007.9 千葉県・旧成東町)

フタバムグラ-葉2

葉の縁には短毛があってザラつく。
(2012.9 千葉市)

ナガエノフタバムグラ-全体

花に5-8mm程度の柄があるものは、ナガエノフタバムグラと呼ばれますが、
分類上は分けない。(2007.9 千葉県・旧成東町)

ナガエノフタバムグラ-全体2

(2012.9 千葉市)


ナガエノフタバムグラ-花

5mm程度の柄が確認されましたが、普通は5-8mm程度だそうです。
(2007.9 千葉県・旧成東町)