ハナムグラ

アカネ科 Rubiaceae
丈は30-60cm。茎は4稜があり、下向きの刺毛が見られます。葉は1-3cmの倒被針形~狭長楕円形で先が尖り、4-6枚が輪生、葉裏葉脈と縁に下向きの毛があります。
花は茎頂と葉腋から伸びた柄に集散状に多数付き、径2mmほど。果実は無毛。

 

2016.6.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 芽だし

ハナムグラ-全体

多くの花を付け、華やかです。
(2011.6 渡良瀬遊水地)

ハナムクラ-全体2

アシの間などでよく見られます。
(2016.6 栃木県渡良瀬遊水地)

ハナムグラ-全体2

(2014.6 茨城県 旧・水海道市)


ハナムグラ-花

花冠はふつう4裂です。
(2011.6 渡良瀬遊水地)

ハナムグラ-花2

この属共通で、花柱が2本見られます。
(2014.6 茨城県 旧・水海道市)

ハナムグラ-葉

葉は倒被針形から狭長楕円形で先はあまり尖りません。
(2015.5 茨城県 旧・水海道市)

ハナムグラ-葉2

茎や花序の柄、葉裏の葉脈に刺が見られます。葉の縁には毛が見られます。
(2015.5 茨城県 旧・水海道市)

ハナムグラ-葉3

(2016.6 栃木県渡良瀬遊水地)


アカネムグラ-芽だし

葉腋間が詰まっている以外、花期とあまり違和感のない印象。
(2015.3 茨城県 旧・水海道市)