ハシカグサ

アカネ科 Rubiaceae
丈は20-40cmほど。全体的に柔らかく、倒れるように広がっています。葉は1.5-6cmの卵形~狭卵形で柄があり、両面に軟毛が見られます。托葉は茎を半周するように付き、歯牙が見られます。
花は2mmほどで、茎の先や葉腋に数個まとまって付きます。萼には毛が多く見られます。

 

2017.10.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

ハシカグサ-全体2

全体にやや軟弱な感じです。花は葉腋に数個ずつ付きます。
(2012.9 東京都高尾山)

ハシカグサ-全体

一見、ハコベの仲間のような姿。
(2015.9 千葉市)

ハシカグサ-全体2

(2011.9 千葉市)


ハシカグサ-花

花はは葉腋にまとまって付きます。ふつう花冠先端は4裂。雄しべも4。
(2015.9 千葉市)

ハシカグサ-花

花冠5裂のもの。雄しべは裂数と同じになるので5。
(2015.9 千葉市)

ハシカグサ-花3

萼にはやや長い毛が見られます。
(2015.9 千葉市)

ハシカグサ-実

(2017.10 千葉市)


ハシカグサ-葉

葉は卵形~狭卵形。
(2012.9 東京都高尾山)

ハシカグサ-葉2

葉の両面には開出した毛が見られます。
(2015.9 千葉市)

ハシカグサ-葉3

葉の裏面中肋には長い毛が開出していました。
(2015.9 千葉市)

ハシカグサ-葉4

托葉は対生する葉と対角に2対あり、半円状に茎を囲み、
先は大きく櫛歯状になっている。(2011.9 千葉市)

ハシカグサ-茎

茎には4稜が見られます。ふつう、茎には写真のように毛があまり見られないですが、
林縁などにあるものはそこそこ生えているものも見かけました。(2015.9 千葉市)