メリケンムグラ

アカネ科 Rubiaceae
基部で分枝し、マット状に拡がります。茎には4稜があり、しばしば赤みを帯びます。葉は対生し、長楕円形~広線形でやや厚みがあって堅く、縁に細かな刺状の毛(?)が見られます。
花は葉腋に1つずつ付き、筒部は6-10mm、先は4裂(時に3裂)し平開します。花冠内側には毛がある。果実は2分果で8稜がある。

 オオフタバムグラが Hexasrpalum属とされたため、Diodia の和属名も変更

 

2018.6.25 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3

メリケンムグラ-全体

河岸で多く見られましたが、4-5m上の土手でも少なからず見られました。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-全体

ふつうはこのようにマット状に拡がるようです。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-全体3

(2020.6 千葉県 旧・佐原市)


メリケンムグラ-全体4

河岸のコンクリートプロックの隙間などでも多数見られました。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-花

葉腋に1つずつ花を付けます。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-花2

花冠は径1cm弱くらい、内側に毛が多く見られます。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-花3

筒部は意外と長く1cmほどありました。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-実

果実は長さ6-7mm、毛が多い。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-葉

葉は長楕円形~広線形。始めは毛があるようでしたが、後に脱落するようです。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-葉2

縁に小さな刺状の毛(?)が見られました。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-葉3

葉裏。無毛のようです。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

メリケンムグラ-茎

茎には4稜があり、やや下向きの開出毛が見られます。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)