トゲナシムグラ <暫定>

アカネ科 Rubiaceae
枝先に多数の花を付けますのでカワラマツバなどにも似ています。
丈は80cmほど、茎は多数叢生し、4稜があり、下向きの刺が見られます。葉は倒広披針形から狭長楕円形で6-8枚が輪生します。
花は茎の上部の葉腋から伸びた枝に散形状に付き、径3mm、花色は白、果実は無毛で1.5mm。
なお、「トゲナシ」はヤエムグラに対して果実に刺毛がないことを指します。

 

2012.2.16 作成
  • 全体

トゲナシムグラ-全体

一見、カワラマツバかと思いましたが、葉の幅が広く数が少ないので
なんだろうと思いました。(2007.10 栃木県日光市)

トゲナシムグラ-花

花冠はふつう4裂ですが、写真では5裂のものも見られます。
(2007.10 栃木県日光市)

トゲナシムグラ-葉

葉は倒広披針形で先が鋭く尖り、6-8枚が輪生します。
(2007.10 栃木県日光市)