ヤマムグラ

アカネ科 Rubiaceae
丈は40cmほど、葉は1-2cmの広線形~倒被針形で先が尖り、縁と葉裏脈上に毛があり、4枚が輪生します。茎は無毛
花は3mmほどで、花冠裂片の背面に刺毛が見られます。果実にも曲がった毛が密生します。

 

2017.4.24 更新
  • 全体
  • 葉2
  • 春<参考>

ヤマムグラ-全体

石垣や崖地などで見られ、何かにもたれかかるようなことはなく、
自立、斜上していました。(2012.6 東京都高尾山)

ヤマムグラ-花

花色は緑ががった白で約3mm。花冠裂片の背面に刺毛が見られます。
(2015.6 東京都高尾山)

ヤマムグラ-実

毛が密生しています。この写真でははっきりしませんが、上向きの曲がった毛
だそうで、密に生えています。(2015.6 東京都高尾山)

ヤマムグラ-葉

葉は倒被針形で縁に上向きの毛があり、4枚が輪生。4枚の葉の大きさは
同じではない。葉裏脈上にも毛がある。(2012.6 東京都高尾山)

ヤマムグラ-葉2

葉の縁には上向きの表面向きと裏面向きの刺毛が見られました。茎は無毛。
(2015.6 東京都高尾山)

ヤマムグラ-春

本種ではないかと思われたもの。一見ヨツバムグラに似ていましたが、
葉の縁毛がよく目立ちました。(2017.4 東京都高尾山)