エゾツルキンバイ

top
バラ科 Rosaceae
北地の海岸で見られる花。
茎がツルのように匍い、根を張って広がります。葉は全て根生で長柄があり羽状複葉、小葉は9-19枚で2-5cm、小片が混じります。小葉は長楕円形で鋸歯があり、葉裏は綿毛でまっ白。
花は長柄柄の先に1つ付き径2-3cm、萼は長楕円形で長毛があり、複萼片は小さい。

 

2016.7.6 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 茎2

エゾツルキンバイ-全体

海岸の砂浜に広がっていました。
(2012.6 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-全体2

葉は全て根本に付きます。
(2016.6 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-全体3

茎がツルのようになって広がり、葉が付く所から根を出して広がっていきます。
(2012.6 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-全体4

根本が砂などに埋まって、このような姿で見られることもあります。
(2014.7 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-花

(2013.5 青森県六ヶ所村)


エゾツルキンバイ-萼

花柄には毛が多く見られます。副萼片は萼片より小さい。
(2014.7 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-実

(2015.6 青森県六ヶ所村)


エゾツルキンバイ-葉

葉は全て根生し、奇数羽状複葉で小葉は9-19枚。所々に小片が付きます。
(2012.6 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-葉2

葉裏ははじめ、綿毛で白い。
(2014.7 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-葉3

葉裏の綿毛は後に脱落します。
(2016.6 青森県六ヶ所村)

エゾツルキンバイ-茎

茎は地を匍い、節から発根し新株を作ります。
(2016.6 青森県六カ所村)

エゾツルキンバイ-茎2

節からすぐに蕾を立ち上げていたもの。
(2016.6 青森県六ヶ所村)