ハゴロモグサ

top
バラ科 Rosaceae
丈は20-40cm、根生葉は長柄があり、3-7cmの円心形で掌状に7-9浅裂して尖った小さな鋸歯があり、基部は深い心形、軟毛があります。茎葉は小さく短柄があります。托葉は柄に合着し、歯牙があります。
花は枝先に散形花序に付き、花径3mmの黄緑色で、花弁はなく、萼片4で卵形、副萼片も4。

 

2016.3.11 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2

ハゴロモグサ-全体

全体的に地味で、他の花に気を取られて見過ごしてしまうことも・・・。
(2009.8 北ア・白馬岳)

ハゴロモグサ-全体3

咲き進んだ状態。
(2013.9 山梨県北岳)

ハゴロモグサ-全体3

(2009.8 長野県白馬岳)


ハミゴロモグサ-花

(2009.8 長野県白馬岳)


ハゴロモグサ-花2

花弁はなく、萼片と小さい副萼片が4こずつあります。
(2011.7 山梨県北岳)

ハゴロモグサ-蕾

(2011.7 山梨県北岳)


ハゴロモグサ-葉

掌状脈が7-9本あり、鋸歯の先が尖ります。
(2009.8 長野県白馬岳)