クロバナロウゲ

top
バラ科 Rosaceae
湿原などの水際などに生える植物。
丈は30-60cm、葉は3-7小葉からなり、小葉は4-7cmの狭長楕円形で鋸歯があります。裏面は粉白を帯びます。
花は葉腋から伸びる柄に付き、花径15-20mmで暗紅褐色、萼裂片は狭卵形、副片は卵形で両者ともに先が伸びて尖ります。

 

2016.7.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

クロバナロウゲ-全体

尾瀬のものは、丈が30-40cmとあまり大きくない。
(2011.7 群馬県尾瀬)

クロバナロウゲ-全体2

アシの生える低層湿地の水際で見られたもの。
(2016.6 青森県三沢市)

クロバナロウゲ-全体3

(2011.7 群馬県尾瀬)


クロバナロウゲ-花2

中央は終わった花。
(2011.7 群馬県尾瀬)

クロバナロウゲ-花2

褐色の花弁は小さく、それより大きい萼も内側は褐色になっています。
(2011.7 群馬県尾瀬)

クロバナロウゲ-実

萼は閉じて果実を包みますが、副萼片はそのまま開いた状態で残っています。
(2016.6 青森県三沢市)

クロバナロウゲ-葉

葉は羽状複葉で小葉は狭長楕円形。
(2016.6 青森県三沢市)

クロバナロウゲ-葉2

葉表。上向きに寝た軟毛が見られました。柄や軸にも軟毛が多い。
(2016.6 青森県三沢市)

クロバナロウゲ-葉3

葉裏はやや白く、面や脈全体に上向きに寝た軟毛が多く見られました。
(2016.6 青森県三沢市)

キロバナロウゲ-茎

茎には軟毛が見られました。托葉は卵形で大きい。
(2016.6 青森県三沢市)