マルバシモツケ

top
バラ科 Rosaceae
落葉低木で0.3-1m。葉は1.5-5cmの倒卵形~広卵形、先は円頭で欠刻状の鋸歯があります。葉裏は淡色。
花は複散房状に付き、花径7mm、白色、雄しべは多数で長く突き出ます。

 

2018.6.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3

マルバシモツケ-全体

枝は直立し、茎頂に花序を付けるようです。
(2008.7 福島県吾妻山)

マルバシモツケ-全体2

(2012.7 山形県月山)


マルバシモツケ-全体3

希に赤みを帯びるものがありました。
(2009.7 栃木県那須連山)

マルバシモツケ-全体4

ほぼ淡ピンク色に見えるもの。
(2012.6 岩手山)

マルバシモツケ-花

花は7mmほどで、半球形の綺麗な花序を作ります。
(2006.8 福島県吾妻山)

マルバシモツケ-花2

花は複散房状に密に付きます。
(2018.6 山形県鳥海山)

マルバシモツケ-花2

花色は白~淡ピンク、雄しべは多数で長い。
(2018.6 山形県鳥海山)

マルバシモツケ-花4

萼片は三角形。
(2018.6 山形県鳥海山)

マルバシモツケ-葉

葉は倒卵形~広卵形。フチには基部を除き欠刻状の鋸歯があります。
(2018.6 山形県鳥海山)

マルバシモツケ-葉2

葉裏。
(2018.6 山形県鳥海山)

マルバシモツケ-葉3

葉には短い柄があります。
(2018.6 山形県鳥海山)