ミツバツチグリ

top
バラ科 Rosaceae
キジムシロより少し遅れて咲き出します。
丈は15-30cm、葉が3小葉からなり、小葉は長楕円形~卵形で鈍頭で毛は目立ちません。
花は10-15mmでレモンイエロー、茎頂にまとまって付き、萼片は被針形で複萼片は小さい。
キジムシロとの違いは、3小葉であること、葉表の毛が目立たない、茎に長い毛がない、匍枝を出す、花色がやや淡い・・・などです。

 

2017.4.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 匍枝
  • 早春

ミツバツチグリ-全体

雨が続いた後で、一斉に咲き始めて見事でした。
(2015.4 千葉県 旧・成東町)

ミツバチツグリ-全体2

(2015.4 千葉県 旧・成東町)


ミツバツチグリ-全体3

(2017.4 千葉市)


ミツバツチグリ-全体4

キジムシロより群生しやすいような感覚があります。
(2017.4 千葉市)

ミツバツチグリ-花

色がよく出ていませんが、レモンイエローに近い淡い黄色です。
花弁の先は少し凹んでいました。(2015.4 千葉県・旧成東町)

ミツバツチグリ-花2

複萼片は萼片の半分にも満たない。キジムシロほどではありませんが、毛は見られます。
(2015.4 千葉県 旧・成東町)

ミツバツチグリ-花2

茎にキジムシロのような長い毛があまり見られません。
(2013.4 千葉県 旧・成東町)

ミツバツチグリ-葉

葉は3小葉。
(2013.3 千葉県 旧・成東町)

キジムシロ-葉2

葉脈に毛が見られますが、キジムシロほど長くはない。
(2013.4 千葉県 旧・成東町)

ミツバツチグリ-葉3

茎葉は小さく、3全裂のようにも見えました。柄も短い。葉の右下は托葉。
托葉にも不規則な歯牙がある。(2017.4 千葉市)

ミツバツチグリ-匍枝

花の終わり頃に匍枝を出します。
(2015.5 新潟県 旧・小出町)

ミツバツチグリ-早春

蕾は芽吹いてから時間をおかずに上がってくるようです。
(2014.3 千葉県 旧・成東町)