ミヤマダイコンソウ

top
バラ科 Rosaceae
丈は10-30cm、根生葉は羽状複葉で、頂小葉は円形で大きく5-12cm、基部は心形、側小葉はごく小さい。茎葉は根生葉に比して小さく、単葉で柄がなく、茎を抱きます。
花は径2-2.5cm、複萼片は小さい。萼片、複萼片、小花柄には剛毛の他に短い軟毛が密生します。

 

2018.7.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5
  • 葉6

ミヤマダイコンソウ-全体

葉に光沢があります。
(2013.7 長野県八ヶ岳)

ミヤマダイコンソウ-全体

火山性の礫地帯ではよく群生して見られるようです。
(2008.7 秋田駒ヶ岳)

ミヤマダイコンソウ-全体3

(2008.7 北ア・白馬岳)


ミヤマダイコンソウ-花

花は2-2.5cmほど。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

ミヤマダイコンソウ-花2

副萼片は小さい。小花柄とともに、剛毛と短い軟毛が見られます。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

ミヤマダイコンソウ-葉

この写真で見えている葉のほとんどが根生葉の頂小葉。
側小葉はごく小さく、その陰に隠れている。(2007.8 北ア・穂高岳)

ミヤマダイコンソウ-葉2

(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


ミヤマダイコンソウ-葉2

根生する葉。大きな丸い頂小葉に隠れてわかりにくいですが、
小さな側小葉が付いており、奇数羽状複葉。(2015.7 北ア・白馬岳)

ミヤマダイコンソウ-葉4

葉裏脈上や葉序の軸に毛が見られました。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

ミヤマダイコンソウ-葉5

茎葉は単葉、無柄で茎を抱きます。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

ミヤマダイコンソウ-葉3

茎葉の葉裏は茎に開出した毛が目立ちました。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)