ミヤマフユイチゴ

top
バラ科 Rosaceae
フユイチゴのうち、葉が5-8cmの広卵形で先が尖るのが特徴。縁には先が芒状に尖った鋸歯があります。
花は小さく、花弁は5-6mm。果実は径8-9mmで10月から12月頃熟します。

 

2018.10.28 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 果期
  • 花2
  • 花3
  • 実2
  • 葉2

ミヤマフユイチゴ-全体

葉の先端が尖るところがフユイチゴとの違い。普通は卵形ですが、 多少横に張り出す
ものが少なくないようです。花は小さくて、1cmくらい。(2017.8 東京都高尾山)

ミヤマフユイチゴ-全体

(2012.9 東京都高尾山)


ミヤマフユイチゴ-果期

(2018.10 東京都高尾山)


ミヤマフユイチゴ-花

(2017.8 東京都高尾山)


ミヤマフユイチゴ-花2

花径は15mm弱くらいでした。
(2017.8 東京都高尾山)

ミヤマフユイチゴ-花3

萼はふつう無毛ですが、多少毛のようなものが見られました。
(2017.8 東京都高尾山)

ミヤマフユイチゴ-葉・実

実は食べられますが、まだ食べたことがないので、味は不明。
小さいものが多いので、あまり食指が動かない。(2018.10 東京都高尾山)

ミヤマフユイチゴ-実2

(2018.10 東京都高尾山)


ミヤマフユイチゴ-葉

葉は卵形~広卵形、時に3-5浅裂し、フチは細かな歯牙状の鋸歯があります。
(2017.8 東京都高尾山)

ミヤマフユイチゴ-葉2

葉裏脈状に多少毛が見られました。
(2017.8 東京都高尾山)

ミヤマフユイチゴ-茎

茎は無毛か短毛が散生、刺は細く下向き。左下の伸びるのは葉柄。
(2017.8 東京都高尾山)