ミヤマキンバイ

top
バラ科 Rosaceae
高山に行かれる方にはおなじみの高山植物の1つ。
丈は1-20cm、葉は3小葉からなり、小葉は倒卵形で15-25mm、光沢がありやや革質、縁に粗く鋭い鋸歯があります。先は尖らない。
花は径2cm、花弁は先端は少し凹み、花床に毛が見られます。萼片、複萼片は同形で狭卵形。

 

2018.6.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 芽出し
  • 芽出し2

ミヤマキンバイ-全体

誰もが知る高山植物の代表花の1つ。
(2011.7 南ア・北岳)

ミヤマキンバイ-全体2

やや咲き進んだ姿。茎葉は1-2枚。
(2008.7 岩手県早池峰山)

ミヤマキンバイ-全体3

この時期、風の弱い岩陰などでは、写真のように立ち上がりますが、
匍って拡がる姿のほうがよく見かけるように感じます。(2014.6 青森県岩木山)

ミヤマキンバイ-全体4

咲き始め。
(2012.6 岩手県早池峰山)

ミヤマキンバイ-全体5

芽吹いてあまり間を置かずに咲き出します。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ミヤマキンバイ-花

(2006.8 北ア・立山)


ミヤマキンバイ-花2

花は2cm、花弁の先端はややへこみます。
(2001.8 北海道大雪山)

ミヤマキンバイ-花3

(2018.6 山形県鳥海山)


ミヤマキンバイ-花4

萼片と複萼片はほぼ同形で狭卵形。花柄や萼に寝た毛が多い。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ミヤマキンバイ-葉

葉は3小葉で小葉の縁に多少毛が見られます。
(2015.7 岩手県早池峰山)

ミヤマキンバイ-葉2

葉裏は多少白っぽい程度。葉裏脈上に毛があります。
(2015.7 岩手県早池峰山)

ミヤマキンバイ-茎

茎には毛が多く見られます。
(2015.7 北ア・白馬岳)

ミヤマキンバイ-芽出し

芽吹いたばかりの頃はウラジロキンバイのように葉の縁が白く見えることがある。
(2018.6 山形県鳥海山)

ミヤマキンバイ-芽出し2

葉裏も毛が多いが白くはない。
(2018.6 山形県鳥海山)