サナギイチゴ

top
バラ科 Rosaceae
葉は羽状複葉で頂小葉は菱形状卵形で3裂するものが多く見られます。また、すべての小葉の縁に菊様の重鋸歯があります。萼が大きくて先が鋭く尖り、赤く小さい刺が多く見られます。

 

2019.6.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 托葉

サナギイチゴ-全体

キイチゴ属の花はほとんどが白で代わり映えのしない印象がありますが、本種には
花弁が綺麗なピンクのものが多く、花柱?が赤くて可愛らしい。(2013.5 青森県八戸市)

サナギイチゴ-全体2

ここのものは、花弁の基部だけ赤味を帯びていました。
(2014.6 山梨県三ッ峠山)

サナギイチゴ-全体3

萼に赤い毛が多く見られました。
(2006.6 長野県上高地)

サナギイチゴ-全体4

(2019.6 長野県茅野市)


サナギイチゴ-花

花は2cmほど。白~淡ピンク。写真はやや花弁が小さいようですが、
このようなものも多く見られました。(2013.5 青森県八戸市)

サナギイチゴ-花2

萼や花柄には赤い刺と腺毛が見られます。
(2013.5 長野県松本市)

サナギイチゴ-葉

葉は奇数羽状複葉で小葉は2-3対。頂小葉は菱状卵形で、
浅く3裂するものが多く見られます。(2013.5 青森県八戸市)

サナギイチゴ-葉2

葉軸や小葉裏にも小さな刺がありました。
(2019.6 長野県茅野市)

サナギイチゴ-托葉

托葉は糸状。
(2013.6 長野県松本市)