シモツケソウ

top
バラ科 Rosaceae
丈は30-80cm、葉は奇数羽状複葉ですが、頂小葉が幅5-10cmと大きく、掌状に5-7中~深裂して裂片の先は鋭く尖り、欠刻と鋸歯があり、基部は心形、側小葉は多数あり、小さく3-30mmの卵形~被針形。上部では側小葉はないこともあります。
花は散房状に多数付き、径4-5mm、雄しべが多数付きます。
亜高山帯以上にあり、濃いピンクの花で果実に毛があるのものはアカバナシモツケソウと呼ばれます。なお、シモツケは全く別の植物で低木です。

 

2016.9.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

シモツケソウ-全体

花序はアカバナシモツケソウよりやや小ぶり。
(2010.7 三ツ峠山)

シモツケソウ-全体2

(2009.7 三ツ峠山)


シモツケソウ-全体3

少し濃い目の色のもの。本当は種子で確認すべきとは思いますが・・・。
(2011.8 八方尾根)

シモツケソウ-花

淡いピンクの花でアカバナシモシロソウよりややまばら。
(2015.8 北ア・八方尾根)

シモツケソウ-花2

(2012.8 山梨県 旧・塩山市)


シモツケソウ-葉

頂小葉は掌状に5-7中~深裂、側小葉は小さい。
(2016.8 長野県北八ヶ岳)

シモツケソウ-葉2

上部の葉。
(2015.8 北ア・八方尾根)

シモツケソウ-葉3

葉裏。
(2016.8 長野県北八ヶ岳)