シャリンバイ

top
バラ科 Rosaceae
丈が1-4mの常緑低木。葉は4-8cmの長楕円形~倒卵形、浅い鋸歯があり、革質で光沢があります。
花は枝先に円錐状に付き、花径1-1.5cm、花弁は倒卵形でしばしば歯牙があります。萼や花序には褐色の軟毛が密生します。

 

2018.10.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

シャリンバイ-全体

(2008.5 新潟県・能生町)


シャリンバイ-全体2

果期。果実はまだ未熟。葉が長楕円形で先がやや尖るタイプ。
(2016.10 千葉県木更津市)

シャリンバイ-花

花は1-1.5cm。
(2008.5 新潟県・能生町)

シャリンバイ-葉・実

果実は径1cm。黒く熟し、白粉を吹く。
(2016.10 千葉県木更津市)

シャリンバイ-実2

(2018.10 千葉市)


シャリンバイ-葉

葉は光沢があり、楕円形で先が丸いタイプと、長楕円形で先が尖るタイプの2種類があります。写真は咲きが丸いマルバシャリンバイと呼ぶ型。(2016.10 千葉県木更津市)

シャリンバイ-全体2

葉が長楕円形で先がやや尖る型。
(2016.10 千葉県木更津市)

シャリンバイ-葉3

葉先が円頭で鋸歯が明瞭なもの。
(2018.10 千葉市)

シャリンバイ-葉4

葉裏。
(2018.10 千葉市)

シャリンバイ-枝

(2018.10 千葉市)