(型) ウスゲオニシモツケ -オニシモツケの別形状-

top
バラ科 Rosaceae
オニシモツケのうち、茎の毛がほとんど目立たないものです。

 

2017.7.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

ウスゲオニシモツケ-全体

やや湿った草地などでよく群生しています。一見ではオニシモツケと変わりません。
(2008.6 八幡平)

ウスゲオニシモツケ-全体2

(2013.8 長野県白馬村)


ウスゲオニシモツケ-全体3

沢沿いの岩場に群れていました。
(2017.7 青森県白神山地)

ウスゲオニシモツケ-花

雄しべが長い。
(2011.9 長野県白馬村)

ウスゲオニシモツケ-花2

(2017.7 青森県白神山地)


ウスゲオニシモツケ-蕾

(2008.6 八幡平)


ウスゲオニシモツケ-葉

一応、「奇数羽状複葉」ですが、掌状の頂小葉だけが目立ち、側小葉は申し訳程度。
(2008.6 八幡平)

ウスゲオニシモツケ-葉2

葉裏はほとんど無毛のように見えました。
(2013.8 長野県白馬村)

ウスゲオニシモツケ-托葉・茎

托葉は耳状。葉軸に付いているゴミのような小さな付属物は、側小葉。
(2015.7 長野県白馬村)

ウスゲオニシモツケ-茎

茎には稜があり、若干の毛が見られますが、オニシモツケと比して圧倒的に少ない。
(2015.7 長野県白馬村)