ユキヤナギ

top
バラ科 Rosaceae
庭に植えられることの多い植物なのでよくご存じだと思いますが、自生でも時々目にします。
丈が1-2mの落葉低木。葉は2-4.5cmの狭被針形で、先は尖り基部はくさび形、鋸歯縁で先は鋭い。
花は前年枝に 2-7個付き、花序に柄はなく、花弁は2-4mmの円形~広楕円形、雄しべは20個で花弁より短い。

 

2018.4.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3

ユキヤナギ-全体

庭にあるものが自生で見られるとうれしくなります。
河原横の荒れ地に点々とありました。(2007.5 長野県伊那市)

ユキヤナギ-全体2

廃道の法面で見られたもの。
(2018.4 茨城県大子町)

ユキヤナギ-花

花は8mmほどで2-7個ずつ付きます。
(2007.5 長野県伊那市)

ユキヤナギ-花2

雄しべは約20個、その基部に黄色い蜜腺があり、その内側に雌しべが5個。
(2018.4 茨城県大子町)

ユキヤナギ-花3

萼裂片は卵状三角形。
(2018.4 茨城県大子町)

ユキヤナギ-葉

葉は被針形、基部はくさび形。
(2018.4 茨城県大子町)