アズキナシ

top
バラ科 Rosaceae
丈が10-15mの落葉高木。葉は5-10cmの卵状楕円形~楕円形、先だけツンと尖り、側脈は8-10対で縁まで達し、重鋸歯が見られます。始めは軟毛が多いが、後に裏面脈上以外は無毛となります。
花は枝先に複散房状に付き、花径1-1.5cm、花柱2、萼片は卵状三角形で内側に軟毛があります。

*1 ナナカマド属から分けられました。

 

2019.6.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

アズキナシ-全体

葉が丸っこいのが特徴。
(2019.6 長野県 旧・八千穂村)

アズキナシ-全体2

(2018.6 群馬県赤城山)


アズキナシ-全体3

(2018.6 群馬県赤城山)


アズキナシ-全体4

(2018.6 長野県 旧・八千穂村)


アズキナシ-花

花序は無毛のものと、軟毛が疎生するものがある。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

アズキナシ-花2

花は径1-1.5cm、花柱は2。萼は卵状三角形で内側に軟毛があります。
(2019.6 長野県 旧・八千穂村)

アズキナシ-葉

葉は卵状楕円形~楕円形、先だけツンと尖り、基部は円形~切形、側脈は8-10対。
(2019.6 長野県 旧・八千穂村)

アズキナシ-葉2

縁には重鋸歯が・・・とはいえ、不規則で分かりにくかった。
(2019.6 長野県 旧・八千穂村)

アズキナシ-葉3

全体に軟毛が見られましたが、面は後に脱落し、脈上の毛は残ります。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)