チョウジザクラ

top
バラ科 Rosaceae
3-6mの落葉低木~小高木。よく分枝します。樹皮は灰褐色で皮目があります。新枝には開出毛がある。葉は5-8cmの倒卵形~卵状楕円形、先は尾状、縁には欠刻状の重鋸歯があり、先端に赤い腺があります。
花は葉の展開前、又は同時に咲き、1-3個ずつ下向きに咲きます。白~淡ピンクで径1.5cm、花弁の先は切れ込みます。萼筒は7-10mmで基部は少し膨らみ、腺のある開出毛が見られます。柄にも開出毛が密生します。

 

2019.4.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6

チョウジザクラ-全体

全体に毛が多いという印象でした。
(2018.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-全体2

咲き始めでは葉が全く展開していないことが多いようでした。
(2019.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-全体3

花付きは悪くない。
(2018.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-花

(2018.4 長野県小諸市)


チョウジザクラ-花2

花径は1.5cm。
(2018.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-花3

花柄には回出する毛が密生。萼筒は細長く、萼筒の毛は先が腺となってベタ付く。
(2018.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-花4

(2018.4 長野県小諸市)


チョウジザクラ-花5

萼裂片には鋸歯が見られます。よく似たオクチョウジザクラには、
鋸歯はほとんどない。(2019.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-花6

花柄の基部にある苞の鋸歯の先は腺になっていました。
(2018.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-葉

まだ展開中で毛が多い。葉先が長く伸びています。
(2018.4 長野県小諸市)

チョウジザクラ-枝

(2018.4 長野県小諸市)