カスミザクラ

top
バラ科 Rosaceae
寒地のサクラ。
丈は15-20m、葉は8-12cmの倒卵形~倒卵状楕円形根崎は尾状に尖り、基部は円形~くさび形、鋸歯には重鋸歯が混じり鋸歯の先は鋭い。
花は前年の枝先に2-3個、葉の展開と同時に咲き、花径2-3cm、わずかに淡ピンク色、先端に切れ込みがあります。花序柄や花柄には開出毛があります。

 

2019.5.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3

カスミザクラ-全体

(2008.4 長野県 旧・奈川村)


カスミザクラ-全体2

(2019.5 福島県北塩原村)


カスミザクラ-花

(2008.4 長野県 旧・奈川村)


カスミザクラ-花2

花柄に開出した毛が密生。萼にもやや短い毛が見られました。
(2019.5 福島県北塩原村)

カスミザクラ-花3

萼裂片は卵状被針形~長楕円形。全縁と聞いていたが、わずかに鋸歯があり、
雑種の可能性は否定できない。(2019.5 福島県北塩原村)

カスミザクラ-実

(2017.7 青森県八甲田山)


カスミザクラ-葉

(2019.5 福島県北塩原村)