コゴメウツギ

top
バラ科 Rosaceae
丈が1-2mの落葉低木。
葉は三角状の広卵形で、浅裂または中裂して重鋸歯があり、菊葉状。先は尾状、基部は切形~ハート形。
花は円錐状、または散房状に多数付き、径4-5mm、花弁は5枚、萼は碗形で片5個は花弁の半分の長さで白く、花弁10枚あるようにも見えます

 

2019.5.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 葉2
  • 葉3

コゴメウツギ-全体

キナは小さく、「ウツギ」のイメージで見つけるのは難しいほど。
(2018.5 千葉県四街道市)

コゴメウツギ-全体2

(2019.5 千葉県大多喜町)


コゴメウツギ-全体3

(2018.5 神奈川県箱根町)


コゴメウツギ-全体4

若い枝は赤みを帯びます。
(2018.5 千葉県館山市)

コゴメウツギ-全体5

(2018.5 千葉県四街道市)


コゴメウツギ-花

花の中央付近が黄色く見えるのは萼筒の内側が黄色いため。
(2008.5 茨城県筑波山)

コゴメウツギ-花2

(2018.5 千葉県館山市)


コゴメウツギ-花3

子房に毛が見られました。
(2019.5 千葉県大多喜町)

コゴメウツギ-花4

(2018.5 千葉県館山市)


コゴメウツギ-花5

萼は碗形、裂片は花弁より少し幅が広い。
(2018.5 千葉県館山市)

コゴメウツギ-葉

葉は菊様です。
(2019.5 千葉県大多喜町)

コゴメウツギ-葉2

葉裏。
(2018.5 千葉県大多喜町)

コゴメウツギ-葉3

托葉。
(2018.5 千葉県大多喜町)