ウラジロナナカマド

top
バラ科 Rosaceae
多くの高山の紅葉の立役者。
丈が1-2mの落葉低木。葉は9-13小葉からなる奇数羽状複葉、小葉は4-6cmの長楕円形で先端形状はまちまち。鋸歯は上半分まで。裏面は白い。
花序は茎頂に付き、径6-8cm、花は1-1.5cm。

 

2019.6.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 果期
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 紅葉

ウラジロナナカマド-全体

花序は径6-8cm。
(2018.6 山形県鳥海山)

ウラジロナナカマド-全体

標高1000mに満たない場所でも見られました。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

ウラジロナナカマド-果期

(2018.10 新潟県 旧・妙高高原町)


ウラジロナナカマド-花

(2007.8 長野県穂高岳)


ウラジロナナカマド-花2

花柱は4。
(2018.6 山形県鳥海山)

ウラジロナナカマド-花3

(2018.6 山形県鳥海山)


ウラジロナナカマド-実

(2018.10 新潟県 旧・妙高高原町)


ウラジロナナカマド-葉

ふつう、鋸歯は小葉の半ばまで。
(2007.8 長野県穂高岳)

ウラジロナナカマド-葉2

ここのものは、鋸歯が半ばよりかなり下まで見られた。
(2018.6 山形県鳥海山)

ウラジロナナカマド-葉3

葉裏は白く、側脈が縁に達しない。側小葉の基部は左右非対称。
(2018.6 山形県鳥海山)

ウラジロナナカマド-風景

本種は涸沢の紅葉の立役者。
(2006.10 長野県穂高岳)