ヤマザクラ

top
バラ科 Rosaceae
丈は15-25m、葉は8-12cmの長楕円形~卵形で、先は尾状、基部は広いくさび形~円形、鋭い鋸歯があり、時に重鋸歯となります。新葉ははじめ赤味が強い。
花は前年枝の葉腋に2-5個、葉の展開と同時に咲き、花径2.5-3.5cm、花弁の先は切れ込みます。萼は筒状鐘形。

 

2019.4.3 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ヤマザクラ-全体

ソメイヨシノ以前、「花」といえば本種を指したようです。
奈良の有名な「吉野の桜」も本種。(2010.4 東京都高尾山)

ヤマザクラ-全体2

(2018.3 千葉市)


ヤマザクラ-全体3

(2018.3 千葉市)


ヤマザクラ-花

花は2-5個ずつ付きます。
(2018.3 千葉市)

ヤマザクラ-花2

花色は、ごく淡いピンク。ソメイヨシノより少し小さい。
(2018.3 千葉市)

ヤマザクラ-花3

萼筒は筒状鐘形、毛はないようでした。
(2018.3 千葉市)

ヤマザクラ-実

(2018.5 千葉県鴨川市)


ヤマザクラ-葉

葉は長楕円形~卵形で先は尾状に長く伸びます。縁が重鋸歯ギミになることもある。
新葉は始め赤い。(2018.3 千葉市)

ヤマザクラ-葉2

(2018.3 千葉市)


ヤマザクラ-幹

(2018.3 千葉市)