オカタイトゴメ

top
ベンケイソウ科 Crassulaceae
道路際や石垣などで他よりやや遅れて見られるマンネングサ。
丈は5-10cm、下部は地を匍って拡がり、上部が立ちあがります。葉は3mmほどと小さく、半月形断面の楕円形、無花茎の葉は非常に密に付き、有花茎の葉はそれより少しまばら。
花は8mmほど、4~5数性。雄しべは花弁と同長がやや短く、裂開前の葯は黄色~橙黄色。
従来は外来種とされてきましたが、最近はY-Listでも「帰化」の文字は消されています。
なお、南関東には、良く似たヨコハママンネングサがあります。

 

2020.6.20 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2
  • 全体3
  • 比較
  • 比較2
  • <疑義>
  • 同・花
  • 同・葉

タイトゴメ-疑義

河川敷にあったもの。下の砂利が新しいことから、比較的最近持ち込まれたようだ。
(2020.6 千葉県松戸市)

オカタイトゴメ-全体2

東京の郊外では本種よりヨコハママンネングサがよく見られ、
誤認されることが多いように思います。(2020.3 千葉市)

オカタイトゴメ-花

劣化今江の葯は黄色~橙黄色。
(2020.6 千葉県松戸市)

オカタイトゴメ-葉

有花茎の葉は互生または輪生、5mmの半月状。
(2020.6 千葉県松戸市)

オカタイトゴメ-葉2

無花茎の葉。縁付近にわずかに突起が見られた。
(2020.6 千葉県松戸市)

オカタイトゴメ-全体3

(2020.6 千葉県松戸市)

オカタイトゴメ-比較

左から・・・メキシコマンネングサヨコハママンネングサ、本種。方眼は1cm。
(2016.5 千葉市)

オカタイトゴメ-比較2

左:ヨコハママンネングサ 右:オカタイトゴメ 
本種には微細な粒状突起がなく、ツルッとしている。(2016.5 千葉市)

オカタイトゴメ-疑義

暖冬で日だまりにあったことを考慮しても3月で数輪の花が見られたこと、
葯がオレンジ色であることから疑義を持った。(2020.3 千葉市)

オカタイトゴメ-疑義-花

(2020.3 千葉市)


オカタイトゴメ-疑義-葉

有花茎の葉。
(2020.3 千葉市)