ツタ

top
ブドウ科 Vitaceae
近年、温暖化対策などで植栽されることが多くなったツル性植物。
葉は変化が大きく、普通5-15cmで3裂し、更に浅く裂けますが、林内などでは3小葉となるものもあります。先端は芒状に尖ります。
花は集散花序に付き、径2-3mmの5弁花で淡黄緑色。果実は5-7mmの球形で黒色に熟す。

 

2016.7.19 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

ツタ

ツタというと、甲子園球場を覆っているツタを思い出します。
(2016.7 千葉市)

ツタ

(2013.7 千葉市)


ツタ-花

(2016.7 千葉市)


ツタ-花2

(2016.7 千葉市)


ツタ-葉

葉はふつう3裂し更に裂けますが、写真のようなものもあります。
いずれも先は芒状に尖る。(2016.7 千葉市)

ツタ-葉2

葉裏脈上に毛が見られました。
(2016.7 千葉市)

ツタ-葉3

葉に対生して巻きひげが伸びます。巻きひげは5つ前後に枝分かれし、先端が吸盤に
なりますが、始めは球形になっていました。(2016.7 千葉市)

ツタ-葉4

吸盤になって張り付いた状態。
(2016.7 千葉市)