ガガイモ

top
ガガイモ科 Asclepiadaceae
キョウチクトウ科 Apocynaceae
ツル性植物。
葉は対生し5-10cmの長卵状心形、光沢があり革質、先はするどく尖り柄があります。裏面には白緑色で茎には軟毛が多い。
花は葉腋から出る柄の先に総状に付き、約1cm、花冠は5裂し、花披片は肉厚内側は赤紫色で長い毛が多く見られます。花冠中央にあるずい柱から花柱が長く伸び、花冠から飛び出ます。果実は8-10cm。

 

2017.8.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4

ガガイモ-全体

(2006.9 千葉市)


ガガイモ-全体2

(2014.8 青森県深浦町)


ガガイモ-全体3

沢山咲くとそこそこ綺麗です。
(2017.8 千葉市)

ガガイモ-花

花は1cmほど、花冠の内側には毛が密生します。
(2006.9 千葉市)

ガガイモ-花2

(2014.8 青森県深浦町)


ガガイモ-花3

萼は鋭利な三角形、萼、柄、花序柄に毛が密生します。
(2016.8 栃木県 旧・栗山村)

ガガイモ-花4

淡ピンク色の花もあります。
(2017.8 千葉市)

ガガイモ-葉

葉は長卵状心形で先が尖り、表面は光沢があり革質。
(2007.8 千葉市)

ガガイモ-茎

茎には軟毛が多い。卵形の托葉が見られました。
(2016.8 栃木県 旧・栗山村)