ジョウシュウカモメヅル

top
キョウチクトウ科 Apocynaceae
ガガイモ科 Asclepiadaceae
コバノカモメヅルに似ますが、花が一回り大きいのが特徴。
葉は同形、同サイズで3-11cmの長楕円形~披針形、先は鋭く尖り、基部は円形~浅い心形。
花は散房状に付き、花冠は径7-9mm
15-20mmのものをジョウシュウカモメヅルとして区別します。変種・シロバナカモメヅルは、白花で葉の先が長く尖り、花冠も大きく裂片が長く伸びるもので、本種の白花品はアズマカモメヅルと呼ばれます。

 

2020.8.19 作成
  • 全体
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

ジョウシュウカモメヅル-全体

写真にするとコバノカモメヅルと変わりなく感じますが、花は1.5-2倍ほど大きい。
(2007.9 千葉市)

ジョウシュウカモメヅル-花

花冠径15-20mm、花冠裂片の先端はねじれています。
(2012.6 千葉市)

ジョウシュウカモメヅル-花2

中央に副花冠、その内側の白い部分がずい柱。
(2012.6 千葉市)

ジョウシュウカモメヅル-葉

葉は長楕円形~披針形、先は尖り、基部は浅い心形~円形。
(2007.7 千葉市)

ジョウシュウカモメヅル-葉2

葉表。ごく微細な毛が多数見られます。
(2014.7 千葉市)

ジョウシュウカモメヅル-葉3

葉裏。
(2014.7 千葉市)

ジョウシュウカモメヅル-茎

茎には1裂に並んだ毛が見られました。葉柄にもあるようです。
(2014.7 千葉市)