ヒロハスズメノトウガラシ (狭義)

top
ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
アゼナ科 Linderniaceae
アゼトウガラシとよく似ていますが、葉の幅が広く1-5cmの倒広被針形で、鋸歯が鋭いことで見分けます。
花は7-9mmの淡いピンクの唇形花で、雄しべは2本。葉の幅の細いものは、エダウチスズメノトウガラシと呼ばれますが、両者を併せてスズメノトウガラシ Lindernia antipoda とするのが標準。

 

2018.10.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 感想

ヒロハスズメノトウガラシ-全体

エダウチスズメノトウガラシに比して、葉の幅が明らかに幅広い。
(2018.10 千葉市)

ヒロハスズメノトウガラシ-全体2

(2018.10 千葉市)


ヒロハスズメノトウガラシ-花

花はエダスチスズメノトウガラシと全く同じ。
(2018.10 千葉市)

ヒロハスズメノトウガラシ-花2

雄しべ2本が外に出ています。残り2本には葯がありません。
(2018.10 千葉市)

ヒロハスズメノトウガラシ-葉

葉は倒広被針形、鋸歯が鋭い。
(2018.10 千葉市)

ヒロハスズメノトウガラシ-茎

茎には稜が見られました。
(2018.10 千葉市)

スペックに見合うものは確かにありましたが、エダウチスズメノトウガラシのように葉の細いものと同所的にあり、本種をエダウチスズメノトウガラシの変種とするのは "???" でした。
単に1つの型のように感じましたので、せいぜい品種のレベルではないかと思いました。