シコクママコナ <暫定>

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 ハマウツボ科 Orobanchaceae
ミヤマママコナの母種。
丈は20-50cm、葉は被針形で先が尖り、基部はくさび型~円形、柄があります。
花はミヤマママコナに似て上唇は赤く、下唇は白く、2つの隆起部分が黄色いところはほぼ同じですが、苞に鋭い歯牙が見られます。歯牙はママコナのように多くはない。

 

2012.9.13 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 本種とした理由

ママコナ x ミヤマママコナ -全体
多くの方はミヤマママコナママコナと判断されているので自信はないですが、
苞に明らかな歯牙があり、下唇が黄色いという本種の特徴に一致しました。
(2012.9 東京都三頭山)

シコクママコナ-全体2

咲き始めのこの状態では苞の歯牙があまりよく分からず、見過ごしてしまっ
ミヤマママコナと思っていましたが・・・。(2012.9 東京都三頭山)

ママコナ x ミヤマママコナ -全体2

その2週間後、苞の歯牙がはっきり見えて違うのではないかと気づきました。
(2012.9 東京都三頭山)

ママコナ x ミヤマママコナ -花

下唇の2つの隆起部分が黄色い。ただし、ミヤマママコナも黄色いものがあります。
(2012.9 東京都三頭山)

シコクママコナ-花2

ボケてしまっていますが、下唇は白く、隆起部が黄色いのがわかります。
一部分が赤いのも四国で見られる典型と矛楯しない。(2012.9 東京都三頭山)

ママコナ x ミヤマママコナ -苞

苞に明瞭な歯牙があるものの、ママコナに比して少ない。
縁が鋸歯状になっている部分もありました。(2012.9 東京都三頭山)

シコクママコナ-葉

葉は被針形で柄があり対生。
(2012.9 東京都三頭山)

撮影地である三頭山は東側全体が都立の公園として管理されており、山道沿いにあるこの個体群はおそらく大勢の方が観察されていると思います。そして皆さん、この山の個体をミヤマママコナ、少数の方がママコナと判断されているようです。Webを見る限り、シコク・・・と判断されている方はいらっしゃらないので非常に心細いです。

また、シコクママコナの自生域から多少逸脱しているかも知れないというのも気になります。
ミヤマママコナの特異な形状かもしれませんし、ミヤマママコナの理解が十分でないのかもしれません。

が、学名上シコクママコナはミヤマママコナの母種ですから、もし両者の中間的形態であるとすればとシコクママコナとするのは問題がないように感じます。少なくとも、これだけ明瞭な歯牙がありますので、いかがでしょうか?

なお、この個体は従来はママコナの交雑個体と判断していたものです。