フラサバソウ

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
強力な繁殖力を持ち、マット状に拡がって最も早い時期に咲き出す花。
茎は下部で分枝を繰り返し、長さ10-20cm、長毛が目立ちます。葉は多くは互生、幅広の円形で長さ7-10mm、長毛があり、縁に大きな鋸歯が1-2対見られます。
花は葉腋に1つずつ付き、5mm、淡青色で紫条が目立ちます。萼にも長毛が密生。果実は球形で先端が凹みます。

 

2016.4.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 実3
  • 葉2
  • 葉3
  • 群生

フラサバソウ-全体

日当たりの良い場所では、立春の頃から咲き始めるようでした。
(2013.3 千葉市)

フラサバソウ-全体2

(2016.2 千葉市)


フラサバソウ-全体3

咲き始めの頃は茎も伸びておらず、丈は5cm足らずで、密なマット状に群れていました。
(2014.2 千葉市)

フラサバソウ-全体4

咲き進んで間延びしてきた状態。葉腋に花を付けますが、伸びていく茎の上部で開花。
葉は葉腋に花が付くと互生、付かないと対生するように見えました。(2007.3 千葉市)

フラサバソウ-花

花は5mmで淡青、時に淡紫で雄しべ2本。萼の縁に長い毛がみられます。
(2013.3 千葉市)

フラサバソウ-花2

(2016.2 千葉市)


フラサバソウ-花3

下側の裂片が少し小さい。
(2016.2 千葉市)

フラサバソウ-花4

萼裂片は三角状、縁に長毛があり、花柄には長毛と屈毛が見られました。
(2016.2 千葉市)

フラサバソウ-実

花が終わると、萼は閉じて少し大きくなるようです。
(2016.2 千葉市)

フラサバソウ-実2

果実が大きくなった状態。
(2016.4 千葉市)

フラサバソウ-実3

(2016.4 千葉市)


フラサバソウ-葉・茎

葉は1-2対の鋸歯がありますが、上部ではサジ形になるものも多く見られます。
葉の縁に長い毛が沢山見られます。(2013.3 千葉市)

フラサバソウ-葉2

葉裏には長毛が見られました。
(2016.2 千葉市)

フラサバソウ-葉3

この状態からあっという間に咲き出す。
(2014.2 千葉市)

フラサバソウ-茎

茎に2列、並んだ長毛があります。葉裏にも毛が多い。
(2015.2 千葉市)

フラサバソウ-群生
画面全てが本種で土手を独占していました。近づくと甘い香りが漂っていました。発芽から短期間で多数の花を付け、2カ月近く咲き続けます。繁殖力が強く、あっという間に広範囲に拡がって他を排他します。一度入られると駆除は困難。(2014.2 千葉市)