ヒメクワガタ

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
丈は7-14cm、葉は対生で卵状楕円形、先は尖り鋸歯があって柄はありません。茎には毛が散生します。
花は5-6mm、花冠は深く4裂し、淡青色、茎の先にの短い花序に付きます。雄しべは花柱より短く2つ。萼裂片は長狭楕円形。種子の先の凹みが目立ちます
中ア・南アには種子の先の凹みが目立たないシナノヒメクワガタがあります。

 

2016.3.13 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2

ヒメクワガタ-全体

高山帯の下部に多いように感じます。
(2015.7 北ア・白馬岳)

ヒメクワガタ-全体2

(2009.8 北ア・白馬岳)


ヒメクワガタ-全体3

(2008.7 北ア・白馬岳)


ヒメクワガタ-全体4

(2008.7 北ア・白馬岳)


ヒメクワガタ-花

花冠は4裂で1裂片が小さい。径5-6mm。
(2015.7 北ア・白馬岳)

ヒメクワガタ-花2

萼裂片は狭長楕円形、毛が密生しています。
(2015.7 北ア・白馬岳)

ヒメクワガタ-花・葉

葉の鋸歯は小さく、目立たないものもあります。縁に毛があります。
(2009.8 北ア・白馬岳)

ヒメクワガタ-葉・茎

茎には上向きの毛が密生。
(2015.7 北ア・白馬岳)