ヒメトラノオ (またはヤマトラノオの別形状)

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
丈は40-90cm、葉は狭被針形で先は尖り基部は短い柄状、両面に毛が見られます。茎にも短い毛が多く見られます。
花は茎頂に総状に多数付いて花穂状となります。雄しべ・雌しべは花冠から長く飛び出します。
葉の幅の広く、基部にほとんど柄が認められないものはいものはヤマトラノオと喚ばれます。

日本の野生植物では、本種をヤマトラノオに含めています。

 

2017.11.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

ヒメトラノオ-全体

丈は40-90cmほどあり、草原などに点々と見られました。
(2010.8 長野県霧ヶ峰)

ヒメトラノオ-全体2

(2015.8 長野県霧ヶ峰)


ヒメトラノオ-花

雄しべ2本は雌しべが花冠から長く飛び出ます。花色はもう少し白っぽいものもあります。
(2015.8 長野県霧ヶ峰)

ヒメトラノオ-花2

花床に毛が見られました。
(2015.8 長野県霧ヶ峰)

ヒメトラノオ-実

(2010.8 長野県霧ヶ峰)


ヒメトラノオ-葉

葉はヤマトラノオに比べて細く、狭被針形。
(2010.8 長野県霧ヶ峰)

ヒメトラノオ-葉2

葉表にはごく短い毛が見られます。
(2015.8 長野県霧ヶ峰)

ヒメトラノオ-葉2

葉裏は白っぽく、脈上の毛が目立ちました。
(2015.8 長野県霧ヶ峰)

ヒメトラノオ-茎
茎には微細な毛が多く見られました。葉の基部は柄状になる・・・
というのは多くはこの程度でした。この時期では痛んでしまっている下部の葉に
あるのかもしれないと思いました。(2015.8 長野県霧ヶ峰)