コゴメイヌノフグリ

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
花はオオイヌノフグリの白花、葉や毛などはフラサバソウのような印象の植物。
丈は10-30cm、葉は下部では対生、上部では互生で円形、2-3対の鋸歯があり、基部は切形~くさび型、短い柄があり、柄には長毛が見られます。茎にも長毛があります。
花は6-7mmで色は白で基部は黄緑色。花冠は4深裂して1裂片が小さい。

 

2016.3.3 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

コゴメイヌノフグリ-全体

コンクリートの用水とその周囲で多数が見つかりました。葉腋間がオオイヌノフグリ
より離れていて見えました。(2012.4 千葉市)

コゴメイヌノフグリ-全体2

雰囲気はフラサバソウの白花のような感じですが、花期は半月ほど遅いようです。
(2013.4 千葉市)

コゴメイヌノフグリ-全体3

(2016.3 千葉市)


コゴメイヌノフグリ-花

花色は白で、花冠中央は緑色。直径は6-7mmと、オオイヌノフグリより小さく、フラサバソウより大きい。花冠裂片にフラサバソウのような線状の斑はない。(2016.3 千葉市)

コゴメイヌノフグリ-花2

(2016.2 千葉市)


コゴメイヌノフグリ-実

長い毛が見られます。果実は大きなくびれが1つ、
対角にやや小さいくびれが1つ見られました。(2013.4 千葉市)

コゴメイヌノフグリ-葉

葉にはオオイヌノフグリより長い葉柄があります。葉の両面、萼、葉柄、茎に長い毛が
多く見られる点はフラサバソウに似ていますが、花柄が長い。(2012.4 千葉市)

コゴメイヌノフグリ-葉2

オオイヌノフグリより鋸歯がはっきりしています。表面に毛が見られます。
(2016.3 千葉市)

コゴメイヌノフグリ-葉3

葉裏にも毛が多い。上部の葉は互生。
(2016.3 千葉市)

コゴメイヌノフグリ-茎

下部の葉は互生、下部の茎には2列の毛が見られました。
(2016.3 千葉市)