マツバウンラン

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
最近、草地などで群生する姿をよく見るようになりました。
丈は0.5-1.2mほど、葉は名の由来のとおり松葉状の線形。始めはまとまって付いているように見えますが、成長すると互生です。
花は上部に総状に多数付き、径1cm、唇形花で上唇2裂、下唇3裂で、下唇に2つの突起があり、花冠筒部には細い距があります。
花冠の長さか1.2cm以上になるものは、オオマツバウンランと呼びます。同種には下唇中央が白くはなく、紫条が見られます。

 

2017.4.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5
  • 早春

マツバウンラン-全体

よく群生します。
(2015.4 千葉市)

マツバウンラン-全体2

よく群生します。
(2017.4 千葉市)

マツバウンラン-花

下唇に2つの突起があります。
(2007.5 千葉市)

マツバウンラン-花2

花の後ろに細い距が見られます。萼の裂片は針状で柄とともに腺毛が見られます。
(2014.5 茨城県阿見町)

マツバウンラン-花3

開花中の花。上唇が先に展開し、下唇は遅れてました。
(2016.4 千葉市)

マツバウンラン-実

果実は球形。5つの萼裂片に囲まれている。
(2015.4 千葉市)

マツバウンラン-実2

長い白い毛は何かの冠毛で関係ありません。
(2016.6 千葉市)

マツバウンラン-葉

葉は線形。
(2014.5 茨城県阿見町)

マツバウンラン-葉2

(2016.4 千葉市)


マツバウンラン-葉3

根際の茎・葉。花茎とは全く異なり、茎は放射状に地を匍うように伸びていました。
(2016.4 千葉市)

マツバウンラン-葉4

地を匍う茎の葉は狭倒被針形で先は鈍く、やや多肉質、多くは3輪生していました。
まるでマンネングサ属の葉のよう。(2016.3 千葉市)

マツバウンラン-葉5

葉裏。葉はわずかに裏側に反るような感じでした。
(2016.3 千葉市)

マツバウンラン-早春

まるでマンネングサの仲間のような姿。
(2016.3 千葉市)

マツバウンラン-春

花茎が上がりはめる様子。
(2016.4 千葉市)