ヒガンバナ

top
 
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
秋の訪れを感じさせてくれる花。稲刈りが終わった田んぼの脇や、お墓のまわり、道ばたなど、初秋の風景としては欠かせない花です。
花茎は30-50cmで茎頂に数個花を付け、筒部は6-10mmと短く、花被片は4cmで反り返ります。雄しべはとても長く飛び出します。果実は不稔
葉は花の後に出て、線形で30-50cm。
鱗茎は有毒。

 

2012.11.26 更新
  • 全体
  • 全体2

ヒガンバナ-全体

田んぼやお墓のまわりなど、植えたのか自生だかわかりませんが、
それが気にならないほど全に見えます。(2010.10 千葉市)

ヒガンバナ-全体2

(2006.9 千葉市)


ヒガンバナ-花

1つの花茎に5-7個の花が付きます。
(2006.9 千葉市)

ヒガンバナ-葉

葉の展開は花が終わってから。
(2012.3 千葉市)