キツネノカミソリ

top
 
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
ヒガンバナより一足早く咲き出します。
花茎は30-50cm、花は茎頂に3-5個付き、斜め上向きに咲きます。花被片は5-8cmの狭倒被針形。雄しべは花被片と同長
葉は花に先立ち春に芽吹き、長さ30-40cm、花茎が立ちあがる前の夏に枯れます。

 

2019.8.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3

キツネノカミソリ-全体

(2007.8 千葉市)


キツネノカミソリ-全体2

(2019.8 千葉市)


キツネノカミソリ-全体3

花茎に3-5個の花を付けます。
(2014.8 千葉市)

キツネノカミソリ-花

雄しべがこれより長く、花冠の外まで伸びるものを、
オオキツネノカミソリと呼びます。(2014.8 千葉市)

キツネノカミソリ-蕾

蕾は2枚の苞に包まれています。
(2019.8 千葉市)

キツネノカミソリ-実

若い果実。3室からなる。枯れた花被は果実の上に残ります。
(2014.8 千葉市)

キツネノカミソリ-葉

葉は早春に出て夏に枯れ、枯れた後、花が上がって来ます。
(2014.3 千葉市)